ガーデニング初心者さん必見!DIY情報サイト6

トップ > ガーデニングが初心者のためのDIY情報 > 初心者でガーデニングのDYIに必要な道具や知識は

初心者でガーデニングのDYIに必要な道具や知識は

最近、自宅やベランダにて、ガーデニングの一貫として、植物や野菜を育てる人達が増えてきました。
実際に、育てていくのは大変なことですが、野菜が実ったり、植物が花を咲かしたら、とても感動します。
自分で育ててた野菜は、美味しいこともあり、趣味としても人気です。
また、植物達を育てることで、ごみ問題の解消に繋がります。
どの家庭からも出てくる生ゴミですが、上手に処理をすれば堆肥にすることができます。
行程をきちんと守っていれば臭いもせず、周囲を不快な気持ちにすることもありません。
また、農園などの貸し出しもあり、住んでいる所にスペースがなくても問題ありません。
ただ、こういった農園を利用する際には、注意が必要です。
夏場などになると、水をやれないと枯れてしまいます。
あまり遠い地域の農園を借りると、毎日通うのが難しくなってしまいます。


植物達が元気に成長するにも、必要不可欠なものがあります。
気温が低ければ、種が発芽しないこともあります。
初心者は、種を買うのではなく、苗を販売しているのなら、苗から挑戦する方が無難です。
どれくらいの期間で種から芽がでるかなどわからず、失敗したと何処で判断すればいいのかわからなくなるからです。
芽がでるかもと待っていると、季節が過ぎていき、種をもう一度撒きなおすこともできなくなってしまいます。
また、意外かもしれませんが、植物や野菜によっては、種から芽を出すのが難しいのもあります。
何も知らずにそれらを選んでしまって、芽がでなくて、止めてしまう人もいます。
折角、張り切って道具をそろえたのも、無駄になってしまいます。
挑戦は、徐々にやっていくことで、これらのことは防ぐことができます。


また、ちょっとしたDIYができると、それだけで作業が楽になることもあります。
野菜などには、支柱を立てます。
実際にプラチックスの支柱が売られていますが、これを手作りすることもできます。
竹などが最適であり、丁度良い太さと長さで切り揃えることで完成します。
素材が竹なので、やがては自然に返すことができます。
道具を置き場の小屋などを作るなどであれば、初心者でも問題なく作れます。
実際に作る方法がわからない場合は、動画サイトの動画を参考にすることができます。
工程がしっかり見ることができ、わからなかった部分をもう一度見るのも、簡単な操作でできます。
スマホなどの持ち運びが簡単な端末で視聴できるのも、メリットといえます。
少しずついろんな物をDIYすることを続けていけば、ちょっとしたことを修理するのに、業者を呼ぶ必要もなくなります。

▲ ページトップへ