ガーデニング初心者さん必見!DIY情報サイト6

トップ > ガーデニングが初心者のためのDIY情報 > ガーデニングフェンスを手作りする場合のポイント

ガーデニングフェンスを手作りする場合のポイント

自宅の庭などを自分好みに作り楽しむことができるガーデニングですが、植物や野菜を育てるだけでなく様々な道具などもDIYを活用して作ることができます。
特にDIYの場合は初心者はなかなか手が出しにくいかも知れませんが、しっかり計画を立てて作ることで自分好みの手作りを楽しむことができますよ。
では実際に庭で活用できるアイテムの1つにフェンスがあります。
家全体を多い隠すような立派なものもよいですが、初めての場合は花壇などを加工タイプの小さいフェンスなどから始めてみるのもよいです。
では実際にフェンスを作る場合んおポイントとして、最初に考えるべき計画ポイントが3つあります。
その1つ目になるのが予算です。
予算などをあえて決めずに好きな道具を揃えて作るという人も多くいますが、ある程度の予算を決めておくと作るものもしっかり考えることができますよ。


また材料なども予算内に納めて購入することができるので、無駄な買い物を減らせるというメリットもあります。
次に決める2つ目の計画としてフェンスの基礎部分をどのようにするかがあります。
フェンス自らが立った状態で使用するアイテムになるので、ある程度はしっかりとした強度が必要になりますよね。
台風や天気が荒れた時などすぐに倒れてしまっては意味が無くなってしまいます。
基礎部分を作る工夫としては、初めてであればコンクリートブロックを活用する方法などがあります。
コンクリート部分は土の中に埋めて使用しフェンスを突き刺す形で利用します。
コンクリートは丈夫な素材になるので、土の中からフェンスをしかり抑える役目を担ってくれます。
その他には市販されている石工などを活用する方法などもあるので、自分にあった方法をしっかり考えることがポイントですね。


3つ目の計画すべきポイントになるのがフェンスのデザインになります。
デザイン1つで庭の雰囲気なども大きく変わってくるので、全体的にどのようなイメージで仕上げたいのかを考えることが重要ですよ。
イメージするのが苦手という人の場合は、スケッチブックなどをりようしてデザイン画を描いてみるのもよい方法です。
特にフェンスの色を決める場合は具体的にどのようになるのか、デザイン画を書いておくと庭全体の印象を見ることができます。
実際に仕上げてみて色のバランスや庭の雰囲気に合わないとなると、結果として作り直しといって手間が発生してしまますよね。
フェンスを作るための素材や塗る色なども決めて、どのような物を作り上げるのかをしっかり決めることが重要になってきます。
これらのポイントを最初の段階で決めておくと、スムーズに作業を進める事ができますよ。

▲ ページトップへ