ガーデニング初心者さん必見!DIY情報サイト6

トップ > ガーデニングが初心者のためのDIY情報 > ガーデニングで初心者でもできるレンガ敷きのポイント

ガーデニングで初心者でもできるレンガ敷きのポイント

昔から自分で手作りして様々な物を作る人は多くいますが、DIYと呼ばれており作るものも色々なものがあります。
そんな中で自宅の庭を自分好みに作りあげるDIYが人気があり、ガーデニングでは様々なアイテムを作ったり庭自体を作ったりと楽しみ方は色々あります。
そんな中で初心者ではなかなか手が出しにくい方法の1つにレンガ敷きがありますが、ポイントを抑える事で手軽に作ることができます。
まず1つ目のポイントになるのが、レンガを引く前の下地を平らに作るという点があげられます。
レンガを引いた時にボコボコといしていて平らになっていないと、危険な上に見た目なども悪くなります。
平らであればつまずく心配もなく、仕上がりも綺麗で見た目的にもよいです。
そのため下地として敷く砂や砂利などは、丁寧に平らにするようにします。


レンガを敷く2つ目のポイントととして、レンガを敷く範囲をしっかり決めて縁取りを行うという点があげられます。
縁取りを行う場合は材料として、コンクリートブロックなども使用出来ますがおすすめなのが厚みのある木材になります。
長く一定の距離を縁取ることができるので、レンガを置く際に歪みなどが出にくく綺麗に作ることができます。
またレンガを設置する時に縁取りした木材に押しつけるようにして置くようになります。
そのため縁取り用の木材は、多少地面を掘って埋める形で設置すると、より安定した使用する事が可能です。
ただし四面全部の縁取り用として木材を準備する必要はなく、最初のレンガを置く際のポイントとして使用するだけになります。
そのため最初にレンガを置く場所に縁取りがあれば問題はありません。


レンガを引く場合にプロが行う際、下面にセメントなどを利用します。
設置した後にそのまま固定もできるので、仕上がりが綺麗なだけでなく丈夫にすることができます。
ただし自分で作る場合や初心者の場合、セメントの利用は難しく不向きです。
またモルタルなどの利用もありますが、コスト面が気になるという人も多くいます。
そんな時に便利なのが砂の利用があります。
レンガを敷きつめていく場合、レンガとレンガの間にどうしても隙間ができてきます。
隙間を埋めてレンガとレンガを固定するためのポイントとして、砂を埋め込む方法が有効的です。
レンガの隙間に砂を入れてホウキで置くまで押しこんでいきます。
砂同士が摩擦を発生させて、レンガ同時をしっかり固定する役目を担ってくれます。
また砂であれば扱いなども簡単なので、初めての人であっても手軽に利用ができて便利です。

▲ ページトップへ