ガーデニング初心者さん必見!DIY情報サイト6

トップ > ガーデニングが初心者のためのDIY情報 > ガーデニングでフェンスを作る際に決めるポイント

ガーデニングでフェンスを作る際に決めるポイント

庭を自分好みに使用して趣味を楽しむことができるガーデニングですが、より自分好みにするためにDIYを取り入れる人も多くいます。
DIY自体は自分の好きな物を手作りすることができるので、特別感がありコストなどを購入するよりもぐっと抑えることができますよね。
ではガーデニングで利用できるアイテムとしてフェンスがありますが、初めて手作りする場合にはまずはしっかりとポイントを抑えて決めなくてはいけないことが色々あります。
まずはどのような大きさにするかがありますよね。
庭全体を多い加工程の規模を大きくするのか、花壇の一部ぶや仕切りとして使用するかによって大きさも変わってきます。
そのためまずはフェンスの大きさを決めることから始めるのが重要になります。
もし設置する場所などが決まっているのであれば、メジャーなどで幅などを測っておくとよいですね。


次に決めるポイントとなるのがフェンスの高さになります。
目隠し用として作る場合であれば、フェンスの高さはある程度必要になりますよね。
その場合はフェンスが倒れないように設置する必要があるので、基礎なども丈夫に作る必要が出てきます。
また自分の腰くらいの高さまでにするのかや、高さによってフェンスの材料を揃えるため際の基準にもなりますよね。
また子供たちが遊ぶ場所やドッグランの囲いとして使用するのであれば、それも考慮した高さが必要になってきます。
基礎の部分も踏まえて高さををしっかり決めておく必要があります。
またフェンスとして囲い部分と入口部分で高さを変えるなど、高さで工夫を加えるなども取り入れてもオリジナリティの高いフェンスにすることができますよ。
またフェンス自体は自分だけでなく家族も利用する予定があるのであれば、高さなどは家族の意見も参考にすると良いですね。


最後のポイントとなるのがフェンスの材料になります。
フェンスを作成するためには木材が一般的に多いですが、その他に網を活用したりポールなど様々な素材を利用してつくることができますよ。
素材なども自分で選べて作れるという点は、手作りならでわの楽しみ方の1つになります。
木製のフェンスであっても、木製にも様々な種類があります。
厚みや丈夫さに見た目なども違うので、庭の雰囲気をつくるためにもしっかり決めることが重要になりますよ。
また材料を揃えるためにはコスト面でも考慮する必要があるので、自分が納得できる材料を選ぶことが大切ですね。
また長年使用し続けることを想定している場合などは、素材の耐久性や雨風にさらされる状態による劣化の状態なども考慮すると良いです。
初心者でフェンスを作る場合は、最初の段階でしっかりポイントを抑えておくと失敗もなく作ることができます。

▲ ページトップへ