break

留学の成功のひけつ

留学と一言でいいましても、簡単な語学留学から、本格的に学校に入る留学などいろいろありますが、私が経験したのは、本格的に大学で学ぶ留学でした。
私はオーストラリアのメルボルン大学に留学しました。
最初は英語のクラスを受けて、授業について行けるだけの英語力を身につけることになっていました。
英語のクラスはレベル1からレベル10まであって、レベル8になると、大学の授業が受けられるようになり、レベル10になってやっと、正規の学生として受け入れられることになっていました。
英語を上達させて大学に入ることが目的でしたので、できるだけ英語を話す環境を作りました。
まず、日本人コミュニティーから離れることが最大の決心でした。
英語のクラスには語学留学してきた日本人の生徒も沢山いて、彼らはその後、大学に入るという目的がなかったので、半分遊び気分のところがあって、授業が終わると日本人ばかりでつるんで、英語を話そうをしませんでした。
私はそんな人達の中に入って英語を話す機会がなくなることを恐れて、日本以外の外国の留学生と一緒にランチを食べたりして友達になりました。
できるだけ、英語を使うように心がけたのです。
大学では寮にくらしていました。寮でも日本人が多かったですが、私は会えてオーストラリア人や日本以外の海外出身の人達と仲良くすることにしました。そしてオーストラリア留学をしてから私の英語力はめきめきと上達をしたのです。
留学をするときには、目的をはっきりさせることが重要だと思います。
ただ単に英語を話せるようになりたいのか、大学まで進学して勉強を続けたいのか、など、目的をはっきりさせることだと思います。
私は無事に大学生になり、勉強に忙しくなっていきました。日本の大学と違って、クラスを3回以上休むと、そのクラスの単位は貰えないようになっていました。勉強はネイティブの学生に比べると、本を読むスピードも違うので、とても難しかったです。
とてもアルバイトなどやっている時間はありませんでした。一生懸命勉強しないと単位が取れないので、私は必死で勉強しました。
学期末には試験があって、論文を提出せねばなりませんでした。
それを書くのも大変で、部屋中に図書館から借りてきた本をそこら中に開いて置いて、それを見ながら、論文を書きました。
今考えても、よくあの勉強について行ったなと思います。
留学は真面目に取り組むことが必要でう。遊び半分で留学する人達と一緒になっては失敗してしまいます。

安心のクーリングオフ付き!トロフィー通販ならこのサイト。披露宴での両親への花束贈呈や奥さんへの結婚記念日、仲間や同期への各種祝いにぴったりな贈り物はこちらから。お遊戯会や運動会の記念品としてメダルを送れればいいですね。幼稚園や保育園の催し事の賞品はこちらから。子どもの頑張りに、素敵な贈り物!Kids Aword stykeの子ども向けトロフィー通販はこちら。トロフィーをお探しならこちら